English Bio    

 

   

        

Megumi was born into a family of musicians in Wakayama, Japan. As a child she  received musical guidance from their parents. In 1987 she moved to Austria, where she studied at 

the Faculty of Music of Vienna, and in 1998 she finished her master degree.

Megumi received the scholarships from Orford Arts Center Canada and C.M.Ziehrer Foundation Austria, participated in master classes with Max Rostal, Evgenia Tschugaeva, Lorand Fenyves and Georgy Pauk.

 

 As a soloist she played Bruch violin Concerto at The Symphony Hall in Osaka when she was 14 years.

Following engagements as a soloist, she performed at the Vienna Festival in 1994, festivals of contemporary music as the Pražské Premiery and Music Forum Hradec Králové 2007, both in the Czech Republic.

 

In 2000 when Tina Turner as special guest for Nobel price concert, Megumi played as a member of Norwegian Radio Orchestra accompanying Tina.

In 2009 she joined film shooting for Nodame Cantabile in Vienna, as a violinist of Symphony Orchestra under the baton of Hiroshi Tamaki.

Megumi worked with the Stuttgart Chamber Orchestra, Bergen Philharmonic Orchestra,  Norwegian Radio Orchestra, the Norwegian Opera, Philharmonic Orchestra Hradec Kralove(CZ), Kwazulu-Natal Philharmonic(SA), Minas Gerais Philharmonic (BRL).

She played under the baton of the Rafael Frühbeck de Burgos, Simone Young, Alan Gilbert, Krzysztof Penderecki, 

David Geringas, Antoni Wit, Alexander Lazarev, among others. 

 

May 2015 Megumi returned to Japan.

In July Solo recital in Tokyo, playing on 

Stradivarius “Lord Borwick”. 

​October 2016 she played Solo recital in Wakayama.

​Since September 2016,  Megumi was appointed as Co-Principal second violin at Jalisco Philharmonic Orchestra in Mexico.

August 2018-June 2019 Megumi took chamber music activity in Norway.

プロフィール

 

和歌山市出身。父は音楽教育の教授、母はピアノ教師という音楽一家に生まれ、両親から音楽の手ほどきを受ける。ヴァイオリンを根来寛子、山岡耕筰氏に師事。

高校卒業後、1987年ウィーン国立音楽大学入学、1998年同大学院修士課程修了。M.ロスタール、E.チュガーイェヴァ、R.フェニュヴェージュ、G.パウクのマスタークラス、I.シュトラウス、W.クスマウルのもとで更に研鑚を積む。

オーフォード芸術センター、C.M.ツィーラー財団より奨学金を受ける。

オーストリアやチェコ共和国を中心とする中央ヨーロッパ諸国に約25年滞在したのち、約2年間南アフリカやブラジルなどのオーケストラでも音楽活動を行う。

2015年5月に拠点を日本に移し、ソリストとして活動するかたわら、音楽教室等にて教鞭をとっている。

2016年9月より、ハリスコ・フィルハーモニック管弦楽団第2バイオリン副首席奏者。(メキシコ)

2018年8月~2019年6月、ノルウェーで室内楽を中心に活動。

 

【ソリストとしての活動】

・14歳の時大阪ザ・シンフォニーホールでブルッフヴァイオリン協奏曲、後ヴィヴァルディ四季、モーツァルト、ベートーヴェン、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲をオーケストラと共演

・1994年ウィーン芸術週間に出演

・2007年チェコ現代音楽祭"プラハ・プレミエー"、"ミュージック・フォールム"に出演

・2009年ルドルフィヌム(プラハ芸術家の家)でパルナス・アンサンブルと共演

・2011年3月、チェコ少年合唱団"ボニ・プエリ"から招聘され、東日本大震災津波犠牲者追悼コンサートで客演

・2015年7月、新宿にてストラディヴァリコンサートに出演

・2016年10月、和歌山県民文化会館大ホールにて

リサイタル開催(主催:和歌山県私学振興会)

 

【オーケストラ奏者としての活動】

主にシュテュットガルト室内管弦楽団、ベルゲン・フィルハーモニック管弦楽団(ノルウェー)、フラデッツ・クラローヴェ・フィルハーモニックオーケストラ(チェコ)、ノルウェー国立放送管弦楽団、クワズル・ナタールフィルハーモニック(南アフリカ)、ミナス・ジェライス・フィルハーモニック管弦楽団(ブラジル)で活動。

ラファエル・フリューベック・ドブルゴス、クリストフ・ペンデレツキ、ドミトリー・キタエンコ、シモーネ・ヤング、アラン・ギルバート、アレクサンドル・ラザレフ、ダヴィッド・ゲリンガス、秋山和慶の指揮下で演奏。​

 

【映画・イベント等への出演】

・2000年オスロに於いてティナ・ターナーが出演したノーベル平和賞コンサートでノルウェー国立放送管弦楽団の一員として出演

・2009年映画『のだめカンタービレ最終楽章』のウィーンロケにてオーケストラのメンバーとして出演